武道具専門店誠心堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣道七・六段審査会(実技)寸評  京都29・30日

<<   作成日時 : 2017/07/13 11:22  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回の審査において六段23.1%、七段21.4%という実技合格率となりました。この数字でどのような判断するかは人それぞれであると思いますが、近年の傾向としては上昇の気配が感じられます。めでたく合格された皆様には、高段者として指導的な立場を十分認識され、これからも少年剣士の模範となる剣風の確立を目指して、直一層の修錬を積まれるよう期待しています。   次に残念ながら今回思いが叶わなかった皆様には、その要因と考えられる二点を記します。  その第一は、打突の機会をうまく捉えることが出来ていないということです。今一度打つべき機会を見直して見ましょう。そして先生・先輩方が打突を繰り出す前に、どんな崩し方、試み方をなされているかを探しだしてみてください偶然の技を少しでも必然の技に変えていくことができるようになるために。     第二は、表だけからの攻め、打突に頼りすぎているということです。右自然体に構えている中段では、当然竹刀はお互いの表鎬が競り合う形になりますこれを意識的に相手の竹刀の幅(2cm程度)分だけ縦振りに遣って裏からの鎬で競り合う(攻め合う)習慣を作り出すのです。すると以外にも相手の反応に変化が生まれ、攻め方の糸口を見つけ出すことができます</u>攻めて乗って破って崩して打つ。そして勝ったしるしを技に現わすのです≠ニの先人の訓えがあります。どうぞ少しでも自分の理想とする剣風に近づくことができますよう日々の稽古を謙虚に反省し、修錬を積み重ねられ、次回見事に念願が叶いますよう願っております。剣道範氏 藤原 崇郎 6月号 剣窓より

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
剣道七・六段審査会(実技)寸評  京都29・30日 武道具専門店誠心堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる