武道具専門店誠心堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣道八段審査会実技寸評(東京11月21・22日)

<<   作成日時 : 2017/01/26 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1959名受審、合格者13名。今日指導の中核である皆さんにしては余りにも少なく剣道界の将来に不安さえ覚えます。毎回審査が終わると「厳しいですね」を耳にします。私はそうは思いません。他の競争試験と違い合格者数に制限のない審査会です。合格された皆さんは「日本剣道の正しい普及と発展」に大いに尽力願いたいと思います。  今回、一次、二次の実技を拝見し、私は受審者の皆さんに「技量」等に関して云々は申しません。受審資格、審査法全て平等、各々長年修行され自分の剣道を身につけておられます。  そこで過去の修行(稽古っ振り)を思い顧みては如何でしょうか?  日本剣道は「攻めて・崩して・捨身」「隙があったらそこを打て、無かったら隙を作って打て」と私は師に教わりました。 ただ自分勝手に調子で打っていませんか?「上手く当たったら儲けもの」「意識から出た打突」は審査員の胸は打ちません。 受審者の皆さんには年齢的にも「気の剣道」を求め今一度初心(基本)に返って修行されることを提案します。   剣道の稽古で「基本」の大本は「日本剣道形」です。日本剣道形を大いに修錬され「呼吸・間取り・打突の機会」等習得《継続して修錬してください》、次に、「素振り」です、(竹刀があるから剣道です、竹刀に大いに馴染んで下さい)、そして「切り返し」の実行(切り返しの修錬時雑念は浮かびません、無心になる最大の近道です)《一呼吸の一往復一本》。最期に「掛り稽古」(掛り稽古は「先の技」を身に着ける宝です)。  更には、師を求める「我以外皆我師」(武蔵)の心境。師の教えを受け自身で見えない点を謙虚に修正しながら稽古の道筋を正す。「習い事は素直な心」からです。素直な心に還り立派な本体から出る剣道を作ってください。その結果皆さん合格され日本剣道の正しい発展に繋がることを望むものです。新たなるご精進を祈念します。   田原 弘徳範士  剣窓より

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
剣道八段審査会実技寸評(東京11月21・22日) 武道具専門店誠心堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる